その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はジャーラ志多斗選手

選手たちも日々経験を積んできているので、今後明るい未来を迎えるのだと強く信じています。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンが途中で終了してしまったことをとても残念に思っています。特にロボッツは優勝してB1へ上がるに値するチームだと信じていたので、ファン・ブースターの皆さまに対してとても申し訳ないという気持ちが強いです

私たちには素晴らしい選手、スタッフ、そして素晴らしい組織があります。シーズン中に起こったことやチームの練習から我々は学ばなければいけません。今シーズンはケガの影響で負けてしまった試合もありましたが、ホームをしっかりと守ることができたことで、素晴らしい結果を残すことができました。選手たちも経験を積んできているので、ロボッツは今後明るい未来を迎えるのだと強く信じています。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

今シーズンで最も印象的だった試合は、間違いなく10月20日に行われたアウェーの熊本ヴォルターズ戦です。トニーHCが試合後に言っていたように、チームの努力、エネルギー、そして外国人選手がいなくても勝つという意志がチーム内で統一されて素晴らしいものでした。チャンピオンシップチームになるためには、毎試合そのチャレンジが必要だと感じています。

チームメイトを信じてどんな状況でも最高のチームになれるということをいつも試合前に心に留めている。

ー外国籍選手が出場できない状況があった中、アウェーの熊本戦などジャーラ選手がチームを救った試合がありました。今シーズン試合に挑む中で意識していたことはありますか?

特に外国人選手が欠場している時には、毎試合チームのために立ち上がるのが私の役割です。チームメイトを信じて、どんな状況になっても一緒にいれば最高のチームになれるということをいつも試合前に心に留めています。試合前に堀オーナーが来てくれて、「今夜はお前が必要だ」と言ってくれたので、モチベーションが上がりました。熊本まで来てくれたファン・ブースターの皆さまありがとうございました!

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

ファン・ブースターの皆さま、本当にありがとうございました。シーズンは我々が望んでいた形でありませんでしたが、皆さまに誇りに感じてもらえるよう戦い続けます。

ただ、今は皆さまの健康と安全を第一に考えています。新型コロナウイルスには気をつけてください。GO!GO!ROBOTS!!!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事