その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することがBリーグから発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

本企画では全選手・チームスタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は鎌田真選手。

チームとして諦めなかった姿勢が、中盤以降の連勝に繋がった

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

新型コロナウイルスの影響でシーズンが終わってしまったのは残念ですが、今シーズンを振り返ってみると、シーズン当初に比べてチームは大きく前進したと思います。シーズン前半はなかなか勝ちを積み重ねられなかったですが、そこでチームとして決して諦めなかったことは、私たちの選手・チームとしてのキャラクター、姿をよく表していると思います。 最後にはプレーオフ進出の位置までつけることができました。チーム内で共有したチームワークと絆があれば、B1昇格という目標を達成することができたと信じています。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

今シーズン最も印象的だったのは、2月15日、16日にホームで行われたFイーグルス名古屋との試合です。 ロボッツはもし負けたらプレーオフ進出圏内から落ちる可能性もある試合でした。 そんな中でもプレッシャーを跳ね返して、2試合とも勝利することができました。

来シーズンはコートに立ってプレーでチームに貢献できる

ールーキーとしてのシーズンは思い描いて姿と比較していかがですか?

ルーキーシーズンは良いことも悪いこともある一年でした。 先輩の皆さんと練習をすることで自分の欠点や課題に気づくことができましたし、シーズンを通して、その一歩を踏み出すことができたと個人的に思っています。 学ぶ中で得た強さと自信は私にとって大きな要素で、シーズンが進むにつれて、より自分らしいプレーができるようになっていきました。 

悪かったことは、試合中にコート上でチームに貢献できなかったことです。 本来の力を発揮しきれませんでした。しかし、今シーズンやってきたことで、これから始まる夏の間に自分が何に取り組むべきかが分かったので、来シーズンはコートに立ってプレーでチームに貢献することができると100%の自信を持っています。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

シーズンを通してチームと私を支えてくれたファンの皆さま、ブースターの皆さま、本当にありがとうございました。 皆さまのおかげで茨城を第二の故郷と呼べるようになりましたし、皆さまが手を広げて迎えてくれたことは、私にとっても大きな影響を与えました。 

来シーズンはB2で優勝してB1に昇格することを約束します。応援よろしくお願いします。

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事