その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することがBリーグから発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

本企画では全選手・チームスタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は二ノ宮康平選手。

「何をしてでもB1昇格を成し遂げたい」という強い思いがあったので、チームとしても個人としても悔いの残るシーズンでした。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

チームとしても個人としても、とても悔いの残るシーズンでした。新型コロナウイルスの影響でシーズンが終了してしまったことは、誰も予想できなかった仕方のない出来事ですが、個人的には「何をしてでもB1昇格を成し遂げたい」という強い思いがあったので、あの時こうしていれば、もっと違う選択をしていればなど振り返れば振り返るほど悔やまれます。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

開幕戦のライジングゼファー福岡戦です。B1チームに劣らない素晴らしい環境でロボッツの一員としてプレーすることができて高揚感を感じたと同時に、このチーム、この熱いファン・ブースターの方々と一緒にB1でプレーしたいと強く思う瞬間でした!

素晴らしい環境に熱いブースター、あとは選手が結果を残すだけ。もう一度僕たちと一緒に戦ってください!

ー今シーズンは試合に出られない時期が続いた1年でした。リハビリ期間や復帰後の振り返りをお願いします。

正直こんなにケガが長引くとは思っていませんでした。メンタル的にも下がっている時期がありましたし、復帰後も万全ではなかったので、思い通りに動けない歯痒い時間を長く過ごしました。

復帰後も焦りはありましたが、B1昇格のためプレーオフにピークを持っていこうと自分なりのプランや目標を持って日々トレーニングや練習をしていました。順調にコンディションが上がってきていると感じていたので、コロナウィルスの影響でシーズンが途中で中止になってしまったことは個人的に非常に残念です。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

いつも応援・サポートありがとうございます!

今シーズン、ロボッツの一員として皆さまの前でプレーすることができて本当に幸せでした。来シーズンは皆さまと一緒にB1で戦いたかったのですが、実現させることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。素晴らしい環境、素晴らしい熱いブースターの方々がいるロボッツはB1に負けていないチームだと今シーズン感じました。

あとは選手が結果を残すだけです。来シーズンもB1昇格という同じ目標になってしまいますが、もう一度僕たちと一緒に戦ってください!引き続きよろしくお願いします。

 

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事