その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は小林大祐選手。

今年は非常に難しいシーズンでした。でももう今は次のシーズンのことしか考えていません!

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

シーズン途中の中断に関しては率直な感想として非常に残念ですが、情勢を考えると仕方がないことだと思います。今年は勝ち星になかなか恵まれることができず、非常に難しいシーズンだったと思います。

理由は明白だと思うので、来シーズンに向けて動いている最中です。今はもう次のシーズンのことしか考えていません!

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

開幕戦のライジングゼファー福岡戦です。去年まで在籍していた故郷のチームと開幕戦を戦うことになったことは非常にうれしかった試合でした。

一貫性、ぶれないところ、本当にB1に上がりたいか再認識すること。この3つがロボッツの歴史となり土台となってくる

ーシーズン途中での終了。経験豊富な小林選手はプレーオフ含めて戦略を練っていたと思いますが、どのような展望や対策を考えていましたか。

勝率が高いチームに対して、プレーオフで勝つためには勝負強さと機転力だと思ったので、それに対して準備していました。

ー今シーズンを振り返ってロボッツには何が足りないのか。ロボッツが強くなるために必要なことは何でしょうか。

大きく3つあると思っています。一貫性、ぶれないところ、本当にB1に上がりたいか再認識すること。この3つがロボッツの歴史となり土台となってくると思います。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

まずは免疫力をあげて現在流行している新型コロナウイルスという脅威に立ち向かってください。皆でこの脅威に打ち勝つことが来年のシーズンへの第一歩だと思います。

最高のシーズンを迎えるために一丸となって準備をしましょう!!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事