その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は友利健哉選手。

無観客の試合で改めてファン・ブースターさんの存在の大きさと感謝の気持ちを感じさせた

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。このシーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

今シーズンはアップダウンが激しく、僕らが目指している場所に届くことが出来ず、非常に悔しいシーズンとなりました。またコロナの影響でシーズンが途中で終わってしまったのはとても残念です。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

今シーズン最後となった2020年3月20日、21日のアウェー山形ワイヴァンズ戦で行った無観客での試合です。ファン・ブースターさんの存在の大きさを改めて感じさせられるとともに、全てのことに対して感謝の気持ちと当たり前のことは無いという気持ちにさせてくれたゲームになったからです。

オフコートキャプテンとして選手の価値を高め、プロ意識を常に伝えています

ーオフコートキャプテンとして大切にしたことと、ベテランの友利選手から見てチームが今後より強くなる為に必要なことは何でしょうか。

オフコートキャプテンとしては、オンコートはもちろんオフコートでも選手の価値を高めることと、普段の言動や行動、立ち振る舞いからプロ意識を常に持ち続けることを意識して伝えるようにしています。

今後チームが強くなるために必要なことは、個々の良さを引き出せる組織力を上げていくことだと思っています。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。急に皆さまに会えなくなり寂しい気持ちですが、「バスケットボールの力」「茨城ロボッツの力」で共に乗り越えましょう!!

そして、また会場で笑ってお会い出来る日を楽しみにしています。

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事