その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は髙橋祐二選手

バスケットは難しい、チームメイトのために自分をどれだけ犠牲にできるかが大事だと痛感しました。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

バスケットは難しいなと改めて思いました。これだけのメンバーがいても勝てないのか…と。そこもチームスポーツの醍醐味だと思いますが、どれだけチームメイトのために自分を犠牲にできるかが大事だと痛感したシーズンでした。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

シーズン最後の試合となった山形戦です。キャリア初となる無観客試合で改めてファンの皆さまのありがたみを感じました。

HCの考えをもっと理解してオフェンススキルのレベルアップに努めたい。

ー試合途中に出場して流れを変えるプレーでチームを救った髙橋選手。今シーズンを戦って掴んだ手応えと来シーズン以降の課題があれば教えてください。

正直手応えはほとんどありません。もっとトニーHCの考えを理解しなければいけないなと。またオフェンススキルのレベルアップに重点的に努めていきたいと思います。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

シーズンは途中で終わってしまいましたが、47試合熱いご声援ありがとうございました。また皆さまの前でプレーできることを楽しみにしながら、しっかりこのオフで鍛えていきますので楽しみにしていてください。

大変な状況ですが、皆さまが健康で過ごせることを願っています。ありがとうございました!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事