その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回は眞庭城聖選手

ホーム15連勝でファン・ブースターと笑顔で盛り上がれる瞬間が嬉しかった

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。このシーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

予期せぬ形でシーズンが終わってしまい、率直に残念です。ただ世界の状況、日本の状況を考えればやむなしだと思っています。今は先が見えない状況ですが身体作り、体力作りやライブ配信など個人的に出来ることで皆さまとつながっていきたいと思っています。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

なんと言ってもホーム15連勝だと思います。ホームで勝つことによってファン・ブースターの皆さまと笑顔で盛り上がれる瞬間がとても楽しかったです。

キャプテンとして結果を残せないことに歯痒さを感じる、原因究明して来シーズンに向けて力を蓄えたい。

ーロボッツで4シーズン、キャプテンとして3シーズンを過ごした眞庭選手。シーズンを重ねる中で感じる思いと、来年以降ロボッツがB1に昇格するために必要だと思うことは何でしょうか?

キャプテンとして3シーズン目ですが、チームとして結果を出せないことに歯痒さを感じます。毎年感じていますが、キャプテンとしてはまだまだ足りないと感じることが多いです。

B1昇格のために必要なことは健康面だと思います。昨季と今季は選手層が厚いのにも関わらずケガ人が多かったことが影響していたのではないかと思っています。なぜ2シーズン連続でそうなったのかを原因究明するべきだと思います。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

突然シーズンが終了してしまったことは残念ですが共に来季に向けて力を蓄えましょう。たくさんの選手が色々と発信していますのでそちらもお楽しみください!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事