その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はウィル・クリークモア選

浮き沈みの激しいシーズンでしたが、一年間戦ったチームを誇りに思います。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。このシーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

今シーズンは浮き沈みの激しいものでしたが、多くの不運やケガを乗り越えてプレーオフへ進出できる位置まで持ち直して、B1昇格への可能性をつなぐことができました。 残念ながら、プレーオフを戦わずしてシーズンが終了してしまいましたが、1年間一緒に戦ったチームを誇りに思ってます。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

私にとって一番好きな試合は、10月20日のアウェーでの熊本ヴォルターズ戦。厳しい敗戦から抜け出してきた私たちが不利な状況の中、高いエナジーで戦って勝利を手にすることができたからです。

皆さまの情熱や思いの強さを感じました。一貫して熱いご声援でサポートしてくれて非常に感謝しています。

ー長く日本のプロバスケでプレーする選手として、ウィル選手が感じるロボッツの良いところと課題は?

私たちは新しい顔ぶれの多いロスター構成でした。最高のプレーをした時には、リーグのどのチーム誰にも負けないほどの勢いがあったのではないかと思っています。改善すべき点は、特にアウェーでのプレーをもっと安定して行い勝利を積み重ねることだと思います。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

ロボッツ のためにプレーできたこと、そしてファン・ブースターの皆さまの情熱や想いの強さを身をもって感じられたことは、とても幸運なことだと感じています。 我々が浮き沈みを繰り返しながらも、一貫して熱いご声援でサポートしてくれたので、私は非常に感謝しています。ありがとうございました!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事