その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はアシスタントコーチの岩下桂太

新しい学びや発見がある一方で、アシスタントコーチとしてチームづくりに携わる難しさを感じたシーズンでした。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

今年は新しいヘッドコーチを迎え、自分もアシスタントコーチと言う立場からチーム作りに携わりました。今シーズンは、これまで自分がヘッドコーチとして学んできたことを生かしながら、いかにガーベロットヘッドコーチのバスケットをチームに浸透させるかが課題でした。新しい学びや発見がある一方で、ヘッドコーチとぶつかりながらお互い理解を深めていきました。様々な面でアシスタントコーチとしてチーム作りに携わる難しさを感じたシーズンでした。

シーズン序盤はケガ人などでリズムがなかなか作り出せず波に乗れませんでしたが、シーズン終盤のホームでの連勝記録は間違いなく安定感とチーム力の向上があったからこそだと思っています。このような形でシーズンを終えてしまったのは非常に残念ですが、次につながる非常に貴重なシーズンだったと感じています。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

2月15日のFイーグルス名古屋戦ですね。第3Qまでは我々が主導権を握っていましたが、第4Qに逆転を許し、残り1分で3点を追う展開からの逆転劇はしびれました。あの勝利はホームでの大きな声援があったからこそであり、正直アウェーだったら厳しかったのではないかと思っています。

皆さまと戦い抜いた1戦1戦は間違いなくチームの今後の土台になっていく、来シーズンもホームの連勝記録を共に伸ばしていきましょう!

ー長くロボッツを知る岩下アシスタントコーチにとって今季はどんなシーズンだったでしょうか。

非常に多くのことを学んだシーズンでした。もちろんアシスタントコーチとして見たロボッツの成長の過程もそうですが、他のチームのチーム作りやコーチングに対して非常に理解を深めることができたシーズンだったと思います。この学びを来シーズンに生かせるようしっかりと準備していきたいです。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

ファン・ブースターの皆さま。いつもロボッツを応援していただき本当にありがとうございます。今シーズンはこのような終わり方になってしまいましたが、皆さまと戦い抜いた1戦1戦は間違いなくチームの今後の土台になっていくと思います。特にホーム15連勝という記録は次のシーズンでも継続されます。今シーズンの勢いのまま、来シーズンもホームの連勝記録を共に伸ばしていきましょう!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事