その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はゼネラルマネジャーの上原和人

バスケットに集中できない環境で練習や試合をするという初めての経験

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。このシーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

最後までやり切れていない状況で、途中から新型コロナウイルスでバスケットに集中できない環境で練習や試合をするという初めてのことだったので、チーム作りで良くも悪くも苦労したシーズンだったと思います。選手やスタッフも初めての経験で難しかったと思います。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

1つは開幕戦です。アダストリアみとアリーナでの初勝利となる試合でした。昨シーズンから所属する選手たちもやっと勝てたという安心感もあったと思いますし、ファン・ブースターの方にとっても今シーズンの開幕戦で勝利できたということは本当に良かったと思える試合でした。

もう1つは2月15日のFイーグルス名古屋戦。最初劣勢な状況から最終的にチーム一丸となって乗り越えました。バスケットの質だけではなく最後のコーチの指示や選手の集中力が今シーズン一番あるべき姿だったと思います。

いつもより長くなったオフシーズンでロボッツのあるべき姿、文化をつくり、来シーズンに向けての準備をいつも以上にしていく

ーGMとしてチームを見てきて前半戦と後半戦の雰囲気の違いなどを感じる場面はありましたか。

チーム結成当初から良いリズムで来ているように感じたが、ケガだったりアウェー戦での連敗でリズムを崩してしまった。本来はそこで大きく崩れてはならないのですが、立て直しに時間がかかってしまったのが前半戦でした。その後はアレックス選手加入後の11月の後半から年内の試合では眞庭選手中心にチームとしても変化が生まれ、連勝することができて良い雰囲気が作れたと思います。

ただ、年明け1月4日のアウェー広島戦1試合目で本来であれば勝ちきって一気に上がっていくところだったのですが、最後逆転され負けてしまったところを皮切りにアウェー戦で崩れた後半戦になってしまいました。今考えると年明けの広島戦が全てだったと反省しています。あそこで勝ち切れるか勝ち切れないかでシーズン以降の戦い方も変わってきたと思います。

ー来シーズンに向けて取り組んでいきたいことがありますか。

毎年やっていることすが、今シーズンの反省を繰り返してそれを来シーズンにどう活かすかを検証しています。毎年選手が変わる中でロボッツはこうだというあるべき姿、文化をつくることをやって来シーズンに向けての準備をしています。今シーズンは特にオフの期間が長いのでしっかり準備して行きます。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

間違いなくホーム戦で15連勝できたのはファン・ブースターの皆さまやスポンサー様、行政の方含めロボッツに関わってくださる皆さまのおかげだと思っています。ホーム戦やイベントに行った時の皆さまの熱量が明らかに上がってきているとつくばロボッツ時代から関わる身として感じます。立場上、温かい言葉だけでなく厳しい言葉もいただきますが、いろいろな声を拾うことでチームも強くなると思うのでうれしく思います。

このオフシーズンを通して皆さまがロボッツを応援して良かったと思えるようなチーム作りをしたいと思っています。今シーズンもありがとうございました。

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事