#6 小林大祐

序盤から中盤に掛けてなかなか勝ちきれず、特に抜群の勝負強さを発揮したホームとは裏腹にアウェイでは苦しみシーズンを通して上昇気流に乗ることが出来なかった2019-20シーズン。
新型コロナウイルス感染症拡大によりリーグは全試合を消化することなく終了となり、『不完全燃焼』という想いが残るシーズンとなった。

そんな2019-20シーズンの悔しさを知る選手たちが、その悔しさを晴らすべく2020-21シーズンも茨城ロボッツを挑戦の場に選択した。

新型コロナウイルスの影響で来季もまだ不透明な中、継続契約が発表され、来たるべき次のシーズンに向けて早くも始動した選手たちに一問一答形式でインタビューを行った。

#6 小林 大祐 選手

契約を継続する上での決め手は?

ロボッツのミッションを達成をするため、また目指している思いが同じ仲間と自分自身の成長ができる場だと感じているから。

去年のチームの課題と解決に向けてのポイントは?

どんな状況下でも"ぶれない"チームを作り上げていきたい。

オフの間に取り組むべき個人の課題は?

ゲームでの積極性と支配力を得るべく練習している。

昨年以上に経験豊富なベテランとしての役割が求められる中で、どんな役割を担っていきたいですか。

劣勢の時に勝利に導けるプレー、またぶれない土台の役割を担いたい。

オリンピックへの出場、グロービスのMBAチャレンジなど引き続き様々なチャレンジが続きますが、全てを達成する上で必要なことは?

理論的に課題に取り組むこと。その上で運を引き寄せること。

来シーズンも、選手に会えることを待ってくれているファン・ブースターに第一声お願いします。

2020年はロボッツの年。いろんな想いを茨城に持ってきましょう!!!

#6 小林大祐

2020−21シーズンもともに戦おう!

選手だけでなく、ブースターにとっても悔しい想いをした2019-20シーズン。

来シーズンこそは悲願のB2優勝・B1昇格へ向けて、一丸疾走で戦い目標を勝ち取りたい。

そのためには、ロボッツの歴史を創ってきた彼らの活躍は必要不可欠だ。
彼らの更なる成長を期待していきたい。

⇒2020-21シーズン契約(継続)合意選手(小林大祐・髙橋祐二・平尾充庸・眞庭城聖・鶴巻啓太)のご報告
⇒小林選手のTwitterアカウント(@kesuidasiyabako)

おすすめの記事