その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はアシスタントトレーナーの神部周仁

不安と緊張、楽しみが混ざったシーズン、想像以上に大変なシーズンでした。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

開幕当初は、レギュラーシーズン、プレーオフと初めて経験するであろう約半年間にすごく不安と緊張を感じる反面、どんなことが待ち受けているのか非常に楽しみでもありました。ただ、始まってみると1試合毎の勝ち負けに浸っている余裕もないくらい、想像以上に大変なシーズンでした。そんな中シーズンが途中で終わってしまい、最後まで全うしたかった悔しさ、やりきれない思いでいっぱいです。この不完全燃焼な気持ちを、来シーズンにぶつけていきたいと思います。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

開幕戦のライジングゼファー福岡戦です。2019-20シーズンの開幕戦かつ、今シーズンで一番お客さまが入った試合であり、チームやファン・ブースターの皆さまとつくりあげた会場の一体感、勢いをすごく感じました。

 不完全燃焼な気持ちは必ず燃焼させたい、開幕戦でお会いしましょう!

ー昨シーズンはインターンとして、今シーズンはスタッフとしてロボッツに関わる中で、トレーナーから見たチームの雰囲気など昨シーズンとの違いはありましたか。

今シーズンから新しく小林選手、二ノ宮選手が加入しました。お二人はバスケットボールの技術はもちろんのこと、それに対する知識、経験も豊富です。そのため練習中や試合では自らリーダーシップを発揮してアドバイスする姿を何度も見かけました。そういう意味で昨シーズンよりも、チームをまとめられる選手、引っ張っていく選手が増えたのではないかと思っています。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

今シーズン、良い時も悪い時も、変わらないご声援をありがとうございました。この不完全燃焼な気持ちは、来シーズン必ず燃焼させたいと思います。今は健康第一で、手洗い、うがいの徹底をよろしくお願いします!

開幕戦でお会いしましょう!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事