その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はマネージャーの落合明子

個人としては反省の繰り返しでしたが、多くの学びと収穫がありました。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

チームとしては様々な面でチャレンジングなシーズンだったと思います。またそこから気づかせてもらったこともあります。個人としては反省の繰り返しでしたが、非常多くの学びと収穫がありました。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

1つは2月15日(土)のFイーグルス名古屋戦。エナジーとインテンシティの高いディフェンスが第1Qから出ていて、ディフェンスの強度が試合通して高かったので見ていても楽しかったです!

もう1つは3月14、15日の無観客での試合です。会場に入った瞬間の空虚さからファン・ブースターの大きさを強く感じさせられました。また、関係者含め多くの人の手によって1つの試合が出来上がっていることを改めて感じました。

チームマネージャーは初めての経験でしたが、多くの人に支えられて本当に感謝しかありません。

ー通訳からマネージャーに転身した1年はどんな変化がありましたか?

「選手へのサポート」という面では同じですが、チームマネージャーは初めての経験でした。始めたばかりは訳のわからないことだらけで頭がパンクしそうでした。ただ、選手、コーチ、スタッフ、GMのみんなからかなり助けていただきました。本当に感謝しかありません。

また、フロントスタッフの皆さまともコミュニケーションをとる機会が格段に増えました。チームの勝利をいつも願ってエネルギッシュに駆け回って支えてくださった皆さま一人ひとりに感謝しています。今シーズンは悔しい思いもたくさんしましたが、その反面鍛えられたので間違いなく良い経験になりました。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

ホームでもアウェーでもあたたかなサポートと熱い熱いご声援をありがとうございました。より多くの勝利を皆さまと共有できるようこれからも頑張ります。来シーズンも応援よろしくお願いいたします。

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事