その時は突然訪れた。2020年3月27日(金)、新型コロナウイルスの影響で2019-20シーズンの全日程を中断しシーズンを終了することが発表された。B1昇格に向けてプレーオフ圏内で戦っていた茨城ロボッツとしても非常に悔しい形での幕切れとなってしまった。

今回は全選手・スタッフに取材を実施。今シーズンの振り返りとファン・ブースターへの感謝の気持ちを聞いた。今回はアシスタントコーチ兼通訳の磯野眞

無観客の試合ではスポーツをできることがいかに幸せか、普段ファンの皆さまの声援に助けられているかを痛感しました。

ー今シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、予期せぬ形でシーズンが終了してしまいました。シーズンを振り返ってみていかがでしょうか。

学びと反省に満ちたシーズンだったと思います。開幕前から大きな期待を寄せられていたものの、思ったような結果が出せないことが続きました。勝敗の成績以上に、我々自身でコントロールできること、すべきことを100%制御しきれなかったことが最も大きな反省点です。個人としてもチームとしても、常にアップデートできる領域はないかを探求し、それを徹底し続けていかなければならないと思っています。

とはいえ、収穫や学びも多分にありました。良かった部分は継続しつつ、チーム、個人共にベストな状態となれるように来シーズンに向けて準備を進めていきたいと思います。

ー今シーズン行われた試合で印象的なものとその理由を教えてください。

シーズン最終戦となってしまった3月15日山形での無観客開催の試合です。スポーツをできることがいかに幸せなことか、そのためには平和かつ健康であることがいかに大切か、そして普段我々がファン・ブースターの皆さまの声援にいかに助けられているか、皮肉にもこのような形で痛感しました。どうにかして試合を届けたいというリーグの思いも、健康状態の脅かされる中でプレーしなければならない選手の思いもどちらもよく理解できることだったので、非常に考えさせられることが多かったです。

数ある制約の中でいかに精度の高い分析をするか、それを現場へ還元していくかということが来シーズンに向けた課題です。

ーデータ分析の担当として今シーズンの課題と手応えは?

手前味噌ながら、自分の一つの色である数値・映像分析という点で今までになかったものを提供でき、またそれがチームや選手の成長にわずかながらでも寄与したという自負はあります。とはいえ、現場での分析は非常に難しいのもまた事実です。実際の現場においては予算、時間、マンパワー、機材、データの量・精度など非常に制約条件が多いからです。

また、客観的なデータが必ずしも主観的な経験則に優るわけではありません。極端な話をすれば、データの重要性が相対的に低い場面も少なからずあります。数ある制約の中でいかに精度の高い分析をするか、またそれを現場へ還元していくかというのが来シーズンに向けた課題です。

ー最後に応援してくださったファン・ブースターの皆さまにメッセージをお願いします。

いつも応援いただきありがとうございます。先にも述べたように、ファン・ブースターの皆さまの声援は非常に大きな存在でしたし、我々がプロスポーツチームたる上で不可欠な存在です。今後も変わりなく応援していただければありがたいです。我々はその分皆さまに勝利を届けられるよう日々邁進していきたいと思っています。

そのためにはまず健康第一、手洗い・うがい・消毒等できることを徹底し、この難局を全員で乗り切りましょう!そして来シーズンまた会場で皆さまの熱烈な応援を見ることができたら嬉しいです!GO!GO!ROBOTS!!

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事