3月13日(金)、無観客セレモニーによってリニューアルオープンした「M-SPO TERRACE BLUE×BLUE」。水戸のど真ん中を盛り上げる新たなアイコンとなるべく、水戸ホーリーホック(Jリーグ・J2)と茨城ロボッツ(Bリーグ・B2)の連携施策事業のひとつとして動き出しました。

今回はリニューアルから約1か月のタイミングで、2回に分けて「BLUE×BLUE」についてのインタビューを実施。第2回は「BLUE×BLUE」のシェフを務める石川貴也。今回のリニューアルから関わり始めた石川の料理を通じて届けたい思いや、素材へのこだわり、叶えたい夢について聞いた。

地元の水戸で、厳しい飲食業界でどれだけ結果が残せるか自分の力を試してみたくなった

ーBLUE×BLUEのリニューアルに合わせてジョインされたと思いますが、関わるようになった経緯を教えてください

川﨑さん(株式会社いばらきスポーツタウン・マネジメント代表)の知り合いが、ME-EAT(リニューアル前の飲食店)のリニューアルにあたり、良いシェフがいないか探しているという話を共通の友人から紹介していただき、一度話を聞いてみようと思ったことがきっかけです。

ー話を聞いて受けた印象とBLUE×BLUEに関わろうと思った理由は何でしょうか。

僕自身水戸の出身で、水戸市やひたちなか市でずっと働いていたので、元々あったME-EATの存在は知っていました。川﨑さんのお話を聞く中で厳しい飲食業界でどれだけ結果を残せるか自分の力を試してみたいという気持ちが湧き興味を持ちました。

料理を含め新しいことを考えたり、全て自分が責任を持ってやれるという部分でやりがいがある仕事になると思い、そこが関わる大きなきっかけになりました。

ーオープン前に特に取り組んで来たことは何でしょうか。

まずは厨房の掃除から始めました。一見地味に見えると思いますが、飲食店は料理やサービスと同じくらい掃除も大事だと思っています。掃除をすることで働く人の整理整頓する気持ちやいつも真面目にやらないといけないという気持ちが芽生えてきます。なのでまずは自分が背中を見せて従業員の基本を改めるところから始めました。

従業員の皆さんも新しく入った僕の考えを理解してくださり、今ではすごく良い環境になりました。

「水戸の野菜の良さ」を届けたい。料理を食べて喜んでいるお客様の姿を見ると心の中で「よっしゃ」という気持ちになります。

ーメニューを新しくするにあたり意識した点はありますか。

メニューを考える上で大事にしたのは、素材の良さを活かしていきたいということでした。肉は出来るだけ地元のものを使うようにしています。4月15日から出るBBQのセットにも常陸牛やあじわいポークという県内産の肉を入れて提供する予定です。

また、野菜に関しては野菜そのもののおいしさを知ってもらいたいと思っています。出来る限り健康やヘルシーなど、そういうニュアンスをメニューに取り入れてみました。提供している野菜には特にこだわりがありますね。

ー野菜に特にこだわっているというお話ですが、具体的にはどのようなこだわりがあるのでしょうか。

一番は「水戸の野菜の良さ」を届けたいと思っています。使っている野菜は無農薬でその日に水戸市吉沼町の農家で採れたものを使っています。なので季節によって提供出来るものが変わってくるのですが、その時々で一番おいしい野菜を食べていただけたらと思っています。

農家から直接仕入れることで安くて新鮮なものを提供出来ますし、リレーションがあるからこそ市場より安い値段で仕入れることが出来ています。この人参は生で食べてもフルーツみたいな甘みがしますし、紅芯大根も辛みがなく、みずみずしいので、野菜が苦手な人も知らず知らずのうちに食べる事ができてしまうのではないかと思っています。

将来的にはここで食べた野菜をおいしいと思っていただけたら、帰り際にそのまま買えるようにしたいと思っています。街のど真ん中で野菜を食べられて買える環境ができれば今よりも多くの人が集まってくれそうですよね。芝生の広場で販売とかも考えたいです。

ー関わるようになってからオープンして、やりがいを感じる瞬間はありますか。

やはり自分が作った料理を食べて喜んでもらえるかどうかに関しては自分に責任がありますし、喜んでいただけた時にはすごくやりがいを感じます。

ー厨房からお客様の顔を見たりしますか。

はい、見てます。やっぱりそこは一番気になりますね笑。料理を食べて喜んでいる姿を見ると心の中で「よっしゃ」という気持ちになります。

料理を通じて、BLUE×BLUEを通じてどんどん人が集まって盛り上がっていくような場所にしていきたい

ーリニューアルして1か月経ちました。新型コロナウイルスの影響もあるかもしれませんが出だしはいかがですか。

出だしは良いのではないかと思っています。一度来てくださった方が早速リピートしてくださっているのも見ているので非常に嬉しいですね。ただ最近は新型コロナウイルスの影響でテイクアウトのみの提供になっております。4月15日(水)からはより多くの人に届いて欲しいとの思いで、デリバリーサービスも開始しました!

ーシェフに直接おいしかったと言ってくれた人はいますか。

今のところはいませんね笑。でも自分は陰で見て「よっしゃ」と思っているくらいがちょうど良いです。

ー今後の展望、取り組んでいきたいことなどはありますか。

店が変わった造りではあるので、外でイベントを開催するなどして、いつも賑わっているような空間にしていきたいですね。まだ妄想ですけど、場所も広いので空いているスペースを使って子どもが遊べるような場所も作って行きたいです。農家さんに来てもらって野菜を売ったり、子どもが遊べる場所を作れたらもっと多くの人が集まってくれるのではないかと思っています。

これから夏に向けてBBQも増えてくると思うので、料理を通じて、BLUE×BLUEを通じてどんどん人が集まって盛り上がっていくような場所にしていきたいです。


●店舗&テイクアウト情報はこちら
M-SPO TERRACE BLUE x BLUE
アクセス:茨城県水戸市南町3-6-8
TELL:029-302-0530

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事