※本記事は、2019年9月21日刊行の『2019-20 IBARAKI ROBOTS OFFICIAL FANBOOK』に掲載したものです。

チームを勝たせられる選手になれず悔しさを味わった平尾。
特別指定選手としてチームに加わったが、プロのレベルの高さに苦しんだ鶴巻。
昨シーズンから信頼しあえる師弟関係を築いてきた凸凹コンビの二人が
今シーズン飛躍をするために誓った決意とは。
インタビュー・文=鳴神富一 取材日=2019年7月25日

チームとして戦えずに苦しんだ昨シーズン

―昨シーズンの悔しさを拭えない中ではありますが、改めて新しいシーズンが始まりました。オフを挟んだ中で昨シーズンをまずは振り返っていただけますか。

平尾 個人としてもまわりの下馬評としても、やっぱりこのチームはいけるなと思っていました。しっかりとしたロースターが揃った中で、チームとしても本気で勝ちにいく決意が見えていて。自分の中でもワクワクしていたし、早くシーズンが始まって欲しい、チームを皆さんに見せたい!と感じていました。シーズンが始まって、序盤は問題なかったんですが、時間が経つにつれて勝ちにつなげられず、徐々にチームとして噛み合わなくなって…。個で戦うようになり、チームでは戦えない状況が続いてしまいました。チーム力のある対戦相手に勝てなくなり、加えて取りこぼしも多くありました。正直いけるだろうと思っていた試合もあったと思いますが、バスケはそんな簡単ではないし、チームで戦えていればもっと良かった。チーム力を最後まで発揮できなかったシーズンだったと感じています。

鶴巻 大学にいたころから評判が高かったロボッツにシーズン途中から加入させていただいて、僕自身もみていて上へいけると感じていました。自分自身がチームに対してプラスになればと思っていたんですが、やはり大学とプロとの違いを様々な面で痛感したと同時に、厳しい世界だと突きつけられました。チームの先輩方にいろいろと聞いて教わって取り組んだんですが、(プロのレベルに)慣れるまでが難しかった、と言うのが正直なところです。

―その部分で昨シーズン何が足りなかったとか、できなかったとか実感している部分はありますか。

鶴巻 プロとしての意識の高さをもたなければいけないと感じる場面は本当に多くありました。その差を埋めていかないといけないと思っています。今シーズンは本当のプロとしてルーキーシーズンを迎えるので、サラリーをもらってバスケをしている意識を大事にしていきます。

平尾 僕自身は様々なチームでプレーしてきた経験から、もっとこのチームを引き上げられたかなと感じています。ガードとしても人間としても勝ち方を知っていることが大切で、成功経験を活かしてチームを引き上げられる選手にならなければいけない。そういう選手がいるかどうかが、チーム力の差、違いにつながってくるのだと思います。ガードとしてチームを勝たせたかったし、みんなを引っ張り上げたかったので、それができずに個人として悩み続けたシーズンでした。

―鶴巻選手は昨シーズン特別指定選手として加入して、平尾選手にいろいろと戦術も含めて指南を受けていたと聞きました。昨シーズンと今シーズンでお互いに印象に変化はありましたか。

平尾 彼は本当にフレッシュだし、いろいろなことを覚えてプレーする1年目は一番大切だと思うんですよね。フォーメーション一つ取っても、何のためにやっているのかを考え、理解する。例えば、教えられた自分の動きを覚えることは大事。でも、それだけではなくて、他4人の動きを覚えられていないと、理解不足でチームに迷惑をかけるし、自分自身が後悔します。彼はロボッツに入っていろいろなポジションを経験し、間違えることなく、本当にアグレッシブにプレーしてくれていました。彼の姿をみていてすごく気持ち良かったです。その反面で、もっとトライして失敗しないと成長もないですし、失敗からどんどん学んでほしいと思っています。彼は自分からいろいろと積極的に聞いてきてくれて、成長したい、学びたいという姿勢をみせてくれていたので、今シーズンはすごく期待しています。

鶴巻 僕が初めてチーム練習に参加させてもらったときに、平尾さんは誰よりも一番声を出していて。プレー中もいろいろと指示をしっかり出していて、この人に聞いたらだいたいの戦術がわかるだろうと思っていました。それで聞きにいったら、優しくアドバイスしてくれて。バスケに対してストイックで信頼できる先輩ですね。

―そんな信頼している間柄だからこそ、ここはもう少し改善してほしいというところはありますか。

平尾 バスケに関しては、本当にすごく頑張っていて、いつでもアグレッシブにプレーしていて、いうことはないですね。強いていうなら…慣れてきたのか、普段でも先輩に対して敬語とか使わないんですよ(笑)。そこは「親しき仲にも礼儀あり」ではないけど、先輩をもう少し立てて、リスペクトしてくれたら嬉しいですね。その辺はプロになったばかりだから、徐々に理解してくれるかなとは思っています(ニヤリ)。

鶴巻 プレーに関していうことは全くないですね。

平尾 上からやな(笑)。

鶴巻 先輩方は馴染みやすい方ばかりなので嬉しいですけど、もう少し優しくしてくれたら嬉しいです!(笑)

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事