※本記事は、2019年9月21日刊行の『2019-20 IBARAKI ROBOTS OFFICIAL FANBOOK』に掲載したものです。

日本バスケ界の将来を担うことになるであろう、ハワイ育ちのKotoがロボッツにやってきた。
彼はアメリカではなく、どうして日本を選んだのか。
そして、プロとして何を成し遂げたいのか。その核心に迫った。
インタビュー・文=鳴神富一 取材日=2019年8月8日

―バスケを始めたのはいつから、どういうきっかけだったのでしょうか。

始めたのは11歳くらいのときでした。2つ上の兄が既にチームに入って練習をしていて、最初は一緒についていって見ていただけだったんですが、途中から人数が足りなくて、急遽試合に出たりするようになりました。兄がやっていなかったら、自分はバスケをしていなかったかもしれません。

―どれくらいからバスケに熱中するようになったのでしょうか。

ハワイにはコミュニティーリーグというのがあって、チームに入って最初は簡単に試合に出られると思っていたんですが、1年くらい全然出られなくて…。それが悔しかったし、ものすごく嫌で。試合に出たいから頑張ろうと決心しました。その時に父親がリングを買ってくれて、庭先で兄と毎日練習しました。

―バスケを本格的に始めて、プロになろうとか上を目指そうと考えたタイミングは。

13歳の時にオファーがあってバスケが有名な中高一貫校に入学し、そのまま高校にも行って。そのオファーがあったタイミングくらいから考えるようになりました。

―バスケを続けて一番嬉しかったことは何ですか。

高校で州のチャンピオンになれたことです。そのときはアリーナが揺れる感じですごかったです。

茨城ロボッツ公式オンラインショップ
おすすめの記事